最近は運転代行の仕事が除々に増えてきていると言われています。
その第一の理由として酒帯び運転や飲酒運転などの罰則規定が厳しくなってきたこともあり、別に飲酒の機会が少なくなったわけではなく、飲酒運転そのものが少なくなったともされています。 

特に、最近ではニュースなどにも報道されているように、飲酒による悪質なひき逃げ事件が多発していて社会問題にもなっていますし、今までは事故として取り扱われて過失運転致死傷とされていたことも、此れは事故ではなく事件として殺人罪を適用すべし、と言った世論の動向も有るからでしょう。

従って、お酒を飲んだ時は、先ずは飲まれない方に運転を頼むとか、タクシー呼ぶとか、そして更に「運転代行」を利用するというのが次第に一般化しているのが昨今の状況と言えます。
飲んだ時は、電話一本掛ければ直ぐに来てくれる運転代行業者は、まことに便利であり、そして安全な方法といえます。

お酒を飲ませてくれる居酒屋さんなどは、大抵は運転代行業者の電話番号などが控えてありますので、必要な時はお店の人に訪ねてみると直ぐに教えてくれますし、運転代行は兎に角、自分の車を自宅まで届けてくれるという、翌日には問題なく自分の車を利用できるというのが、最大のメリットがあり実に頼もしい限りなのです。

ただ、料金的にはタクシーのほうが安いのではないかという疑問もありますが、確かに飲食店から自宅まで単純に乗って帰った場合はタクシーの方が安いという見方もありますが、飲食店まで自分の車で行ってそのまま駐車場に置く場合などは駐車場代なども掛かり、又、行きも帰りもタクシーを使うことを考えたら、運転代行の方が安くなる場合が普通です。
運転代行の場合は自分本人は勿論、家まで車を届けてくれるというのが良いですね。

何れにしても運転代行というのは、運転車が常時2名随伴車とともにやってきて代行利用者の元に向かい、其の利用者は自分の車に乗車して、一緒に来た代行員が運転を行うというシステムになっていますので、基本的には利用者は随伴車に乗ることは出来ないことになっています。
つまり、運転してもらいながら自分の車に乗ることが出来るので、運転以外のことは車内では自由に振る舞えることも出来るのがいいですね。

また、運転代行といいますと、飲酒のために夜遅い時間帯というイメージがありますが、業務としては早い時間帯から営業をしている業者もあります。
其れは、運転代行は飲酒者ばかりが対象ではなく、仕事中に気分が悪くなったとか、出張で駅や空港に車を置いて、其の帰りに気分が悪くなって運転ができない場合などは、運転代行に頼むという方法もあるのです。

三重県松阪市のアイリス運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
[携帯電話へ]
080-9113-7757