地方の小都市や田舎町では車が生活の足です

都会では公共交通機関が発達しており、
生活の足としては車よりも公共交通機関がもっぱら利用されています。

多くの会社には駐車場スペースもない事から、
通勤も公共交通機関を利用する事が普通です。

それに比べて、地方の小都市や田舎町では公共交通機関が都会ほど発展しておらず、
バス路線があっても、その最終便の時間も早く、生活の足は車が一般的になっています。

従って、一家に2台の車を保有されている家庭も少なくありません。

生活の足が車の地方の小都市や田舎町での飲酒対応について

先に記載した様に車が生活の足となっている地方の小都市や田舎町で、
会社の飲み会等の飲酒機会がある場合、都会とは少し違った対応が必要です。

都会では終電に間に合う様に飲み会を終えれば、何の問題もありませんが、
地方では帰宅の足の確保を考えておく必要があるのです。

会社に家族が送り、帰宅時にはまた家族が飲み会会場に迎えに行く事で対処される方も居られます。

しかし、飲み会の度に家族にこうした迷惑をかける事も難しいものです。

そこで、会社への出勤と退社後に飲み会会場までは自分で運転して向かい、
飲み会社終了後に自宅に帰られる際には、
運転代行を利用されるケースが多くなっているのです。

花の金曜日には、多くのお客様からご依頼を頂き、
少しお待ちいただく事も少なくない状況となっています。

飲酒時以外にもご利用頂くケースも増えています

運転代行をご利用頂くのは、もちろん飲酒対応が中心です。

しかし、運転代行をよくご利用頂く方の中には、
それ以外でも利用されるケースが増え始めています。

元気に会社に出勤されたものの、帰宅時頃に熱が出て体調が急に悪化したり、
風邪薬を服用した事で激しい眠気に襲われ、
自分で運転して帰宅するのが危険だと判断される様な場合に利用される事が増えているのです。

飲酒時以外にも、この様に何か自分で運転する事が危険だと感じられる場合には、
運転代行を上手に利用頂ければと思います。

三重県松阪市のアイリス運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[携帯電話へ]
080-9113-7757