車を運転できない場面は意外と多い

車の運転は安全確認を怠ると接触事故を起こし、被害者に損害賠償をしないといけないことや命にかかわることもあります。

このため、頭痛や飲酒後の意識がもうろうとした状態になれば絶対に避け、取り返しのつかないようになることを避けないといけません。

車を運転するときは気温の変化などで急に体調が悪くなることもあり、そのまま続行すると危険です。

このため、自宅にすぐに帰りたいと思うこともありますが、事故を起こしてしまえばあとの祭りのため絶対に思いとどまるようにしましょう。

運転できないときは運転代行が便利!

車を運転できないときはタクシーを呼ぶことを考えがちですが、人だけを運ぶため近くの駐車場に入れて後日に改めて取りに行く必要があります。

運転代行は2人のスタッフが随伴車で指定した場所に向かい、そのうち1人が運転してきた車のハンドルを握って自宅まで運んでくれます。

このため、わざわざ取りに行く必要がなく、駐車料金や交通費などがかからずに翌日からすぐに運転できることがメリットです。

運転できないときはすぐに依頼しよう

運転代行は業者によって営業時間が異なりますが、時間外の場合でも対応してもらえることはあります。

車を運転できないときはそのまま待つと時間だけが過ぎてしまい、店の駐車場に入れると営業時間外は禁止されています。

このため、飲み会に誘われたときは終了時刻にすぐに来てもらうと余分な時間がかからず、自宅まで送ってもらう際にゆっくり休めるため検討してみてください。

三重県松阪市のアイリス運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[携帯電話へ]
080-9113-7757