タクシー代とか考えたら使わない手はない

郊外では、都心部ほど、電車やバスが発展していない為運転代行は当たり前のように利用されています。

急な宴会というのではなくて、最初から分かっている宴会に参加するために、マイカ-で宴会場に乗り付けて、帰りは運転代行を予約しておき、自分の車の後部座席に座って余裕で帰るという形です。

田舎の場合、公共交通機関を使って移動することは不可能なので、もともと宴会場に行くのに、タクシー利用が多いです。

そして帰りもタクシーで帰宅というのが一つの形でした。

ところが、我々のような運転代行サ-ビスを帰宅の足で使うと、行きはマイカ-で現地に行けるし、帰りは自分で運転こそしないが、マイカ-で帰れるということで、非常に楽ですし、費用的にも安くなることが多いです。

公共交通機関が発達していないところでは、運転代行を使わない手はありませんね。

久しぶりに運転するときに、助っ人として頼るということが出来る

弊社のお客様で、運転のあまりお上手でないご婦人がおられます。

大抵、ご主人が運転をされることが多いのですが、どうしても何かの都合でご不在の時があります。

その場合、弊社に連絡があり、お客様の車を運転させていただきます。

都心の交通量の多い所を抜けるまでは、運転させていただきます。

そして郊外の車の数が少なくなるところまで来たら仕事終わりです。

残りの道はお客様が自分で運転されて帰られます。

最後まで弊社の方で運転すれば、とくに問題ないかと思われるでしようが、そこはお客様の方にこだわりがおありのようです。

1ケ月に数回、助っ人的に運転代行以来の電話をいただいています。

三重県松阪市のアイリス運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
[携帯電話へ]
080-9113-7757